エコウォール工法は、新たに特許を取得しました。
経済的(ECO), 新しい土留壁(WALL)を提供致します。
 

従来の親杭横矢工法や鋼矢板工法は非常に経済的ではありますが、横矢板設置時、鋼矢板の撤去時に周辺地盤に対する影響が大きいという短所があります。また 地下水低下工法は周辺地盤の水位を低下させ、影響を起こす事が有ります。周辺地盤への影響が最も小さいとされるソイルセメント連続壁工法は、施行設備が大 掛かりとなる事、産廃残土が多量に発生する事などから、あまり経済的ではありません。

  

ECOWALL工法におきましては、偏心阻止部材(鋼管等)を使用し、連続壁を造成する特許を取得しました。

 

小型のラフタークレーンを使用し、先端に超硬オーガーヘッドを装着し、産廃残土をソイルセメント連続壁工法の3/1以下に抑制し、安全かつ経済的(ECO)新しい土留壁(WALL)を提供させて頂きます。

 
What's News

27年7月1日

 ・ホームページを開設しました。

工研建設

ECOWALL協会

TEL 078-576-6608